スポーツが好きだ!の青柳有香(棒高跳)の転身の理由とは?公立校での練習って?

こんにちは。

ケチロ~です。

棒高跳びって重力に

逆らって跳躍する姿が

かっこいいですよね。

唐突に何を言い出すのかと

言いますと

今夜はスポーツが好きだ!に

出演される青柳有香さんが

棒高跳びの有望選手なのです。

アスリートとして華麗な

経歴にスポットライトを

当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

青柳有香(あおやなぎゆか)

1998年4月23日生まれ

今年20歳を迎える節目の年です。

~アスリートとしての経歴~

・2歳半から体操を始める

・ジュニアナショナルチームに選ばれる

・高校時代に棒高跳びに転身する

・日本ジュニア陸上競技会で優勝!

2015年、2016年と連覇されています。

東京都立の雪谷高校から

東京学芸大学に進学していますが

高校の3年間の経験で棒高跳びの

学生日本一に輝いているのです。

雪谷高校は公立高校のため

練習設備も私立に比べ十分では

ない中での結果であるところが

更に凄みに拍車をかけます。

もちろんジュニアナショナルチームに

選ばれるほどの体操の経験と

身のこなしなどがはまった結果だとは

思いますが、ハイスピードで

棒高跳びの世界で有名選手になりました。

本人は2020年の東京オリンピック

出場を目指しており

棒高跳びの美しさや魅力を

知ってもらいたいと考えています。

一流のプレイは所作や動作が

キレイなことが多いです。

そして一流選手は魅力を伝えたいと

考えている人も多いと思います。

目の前のプレイだけでなく

普及まで考えているのは

思考が既に一流プレイヤーで

あるのだと感じました。

そんな青柳選手ですが

なぜ体操から棒高跳びに

転身したのでしょうか?

スポンサードリンク

青柳選手が棒高跳びに転身した理由とは?

一番の原因はケガだそうです。

番組内でも語られると思いますが

怪我が続き試合で思うように

勝てなくなったようです。

やっていて楽しみを感じられなくなり

そんな折に棒高跳びが

体操の経験を活かせるし美しいと

目に留まったそうです。

元々体操出身ですから

美しさに目を奪われたのが

大きな要因かも知れないですね。

中学で体操を離れ

高校から棒高跳びを

開始しているのですが

公立校での練習は意外なものでした。

公立校での練習とは?

・週3日

・グラウンドは他部活と併用

・1日1時間半の練習時間

思った練習量と違う…。

とあなたも思ったのではないですか?

やはりオリンピックを目指すような

選手はずーっと練習している

イメージがあります。

※古い考えかもしれませんが。

公立校ならではの限られた時間で

練習時間となると

私立の強豪校とは比べられないです。

しかし、そこは体操エリートの

選手。逆に限られた時間の中で

効率よく練習する術を身につけた

そうです。

人間は集中力は一般的に

90分しか続かないと

言われています。

まさかの練習時間とぴったり!

これが功を奏したのかも

しれません。

そして一度体操を離れたことで

怪我の不安もあったであろう中で

負荷をかけすぎず集中して

取り組むスタイルが

彼女にはあったのだと思います。

↑また管理人の偉そうな意見です。笑

最後にケチロ~より。

2月15日と2月22日の2週に渡って

青柳選手の特集が組まれています。

オリンピック予選までまだ時間は

ありますが、オリンピック本番時には

青柳選手は22歳!

脂乗りまくっている時期です。

この放送をきっかけに

青柳選手のオリンピックまでの

道のりを応援したくなりました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする