飯伏幸太の入場曲とは?気になるプロレスの戦績は?【アウトデラックス】

こんばんは。

ケチロ~です。

今日のアウトデラックスにはプロレスラーの

「飯伏幸太選手」が出演します。

精神年齢14歳のプロレスラーという紹介ですが

凄い紹介の仕方ですね。笑

まずは飯伏選手がプロレスラーとしてどんな選手なのかが気になりました。

プロレスは入場曲もファンに取っては

ひとつの楽しみだと思いますが入場曲も調べてみます。

そして肝心のプロレスの戦績はどれだけ残しているのか。

まとめてみましたので、一緒に確認していきましょう。

入場曲とともに飯伏選手のプロフィール

~♪♪♪♪♪~

飯伏選手の入場曲はBreaking Point(ブレーキングポイント)

「27」という曲です。

非常にかっこいい曲ですね!これはテンションあがります!

Breaking Point(ブレーキングポイント)は

アメリカのロックバンドであり

有名な曲は映画:ファンタスティックフォー

採用されたGoodbye To Youとなります。

最近の試合は飯伏選手は2018年1月14日に

興行プロレスに出場しておりそこでも使われたそうです。

テンションがあがる曲としてファンの間でも好評だそうです。

特徴的な性格が話題の人物で、公式パンフレットや日記でも話題を集めていたそうです。

今日のアウトデラックスでも「やってはいけないことをついついやってしまう」

という理解されない習慣を放送するそうなのでどんな人物か垣間見えそうですね( ̄∇ ̄)

さて実際のプロレスラーとしての戦績も見ていきたいと思います。

選手としてのプロレス戦績

飯伏選手はイケメンレスラーとして2004年から活動しています。

デビューしたらプロレスを辞めるつもりだったそうなのですが

デビュー戦が楽しすぎて現役を続けたそうです。笑

【主な戦績】

~DDTプロレスリング~

・KO-D無差別級王者 3回

・KO-Dタッグ王座 5回

・KO-D6人タッグ王者 2回

など

~新日本プロレス~

・IWGPジュニアヘビー級王者 3回

・IWGPジュニアタッグ王座 1回

・NEW JAPAN CUP優勝 1回

など

選手としての実績も数々の記録を残しています。

新空手出身者ということでキックに定評があるそうです。

元々プロレスの大ファンでしたが

中学校卒業後に新日本プロレスへの入団テストを受けることを

親に反対され夢を諦めかけたそうです。

高校時代はラグビー部

そして高校卒業後は空港の清掃の仕事に携わっていたそうです。

しかし気楽な気持ちで始めた新空手でキックを磨き続け自分のものとしていき

再度プロレスへの熱が蘇った飯伏選手は

無事にDDTプロレスリングにてプロレスラーとしてのキャリアを始めました。

現在は2015年に椎間板ヘルニアと診断され長期欠場後

新日本プロレスとDDTプロレスを脱退し個人事務所を立ち上げ活動しています。

実際試合の映像見てみましたが、ダイナミックなキックが非常に多いです。

実際の試合の短い映像がありますのでご覧ください。

型にはまらないプロレスを目指していると豪語するだけあり

非常に迫力ある戦いを繰り広げています。

プロレスをパフォーマンスとして捉えている選手だと感じ

イケメンさも相まって人気がでる理由が分かりました。

実は話すのが苦手で試合後のマイクパフォーマンスは苦手なようです。

勝利パフォーマンスはカンペを毎回用意しているらしく

人見知りな面があるのはギャップで可愛いポイントですねヽ(^0^)ノ

しかし、強くて可愛いってリング外では反則じゃないですかね?笑

マトメ

ファンの間では飯伏選手の入場曲は有名な「27」という曲であり

確かにテンションのあがる曲でした。

そして実力・ルックスも伴ったプロレスラーです!

今日のアウトデラックスでは試合では見れない一面が見られるはずです。

アウトな人物にフォーカスを当てているのが「アウトデラックス」のため変なエピソードてんこ盛りでしょう。笑

飯伏選手、要注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする