KINYAは昔何をしていた?現在の生活とは?【爆笑Theフライデー】

こんにちは。

ケチロ~です。

今夜は「爆笑THEフライデー」が放送されます。

”あの人は今…”というテーマでお届けですが

今回はオカマタレントの先駆けとして

活躍されたKINYAさんにフォーカスを当てます。

今ではオカマタレントも増えましたが

70~80年代に活躍された

KINYAさんは一体どんな人物なのか?

プロフィールから調べてみました。

スポンサードリンク

KINYAのプロフィール

沖縄産まれ大阪育ちKINYAさん

元祖オカマタレントとして

「笑っていいとも」のレギュラーも

努めていたのです。

番組内で出会った

・松金よね子さん

・渡辺めぐみさん

と共によめきんトリオを結成し

ご活躍されていました。

人気企画の「美少年コンテスト」

3人の辛口コメントを楽しみに

している方も多かったそうです。

テレビ出演するまでは

由美かおるさんのバックダンサーや

新宿二丁目オカマバー

開店するなど精力的に活動されていたそう。

新宿二丁目はオカマの聖地として

有名だと思いますが一気に繁栄した

1970年代の栄華の中にいたのが

KINYAさんだったのですね。

よめきんトリオはシングル

「それ行け!サマービーチ」

レコードデビューも果たしています。

(当時はまだレコードなんですね…)

まさに勢いに乗っていましたが

1984年によめきんトリオは解散します。

そしてKINYAさんは表舞台から姿を消したのです。

その後は一体どんな生活を送っていたのでしょうか?

スポンサードリンク

2013年にも出演していた?

実はKINYAさん

爆笑THEフライデーに

2013年にも出演されてます。

その時の生活の様子は

伊豆の旅館住み込み生活

送っていました。

「稲取銀水荘」という旅館で

ほぼ毎日ステージに立って

ショーを披露していたそうです。

テレビ出演からは退いており

バイトとショーで食いつないでいたそうです。

トークショーを行ったり、

お客さんと一気飲み対決したりと

盛り上がっていたそうです。

(負けた罰(?)ゲームはKINYAさんのキスとのこと。笑)

しかし毎日のステージ公演は

相当体に負担だったようで

現在は旅館での住み込みは行っていないそうです。

※情報が性格ではないため

一緒にテレビで確認していきましょう。

そもそも住み込み生活が始まったのも

衣装代で破産寸前になったからと

言われています。

月収15万円の中でテレビ出演するたび

10万以上する衣装を自腹で購入していたそうです。

オネエタレントは派手な服装を

着ているイメージがありますが

それを維持するためには

相当な出費が伴っていたようです。

今は衣装は用意されていることも

あると思いますが、当時は

自腹で購入されていたんですね…。

最初の放送から6年が経過…。

現在はショーで痛めた両膝が悪化し

外出も一苦労だそうです。

マトメ

オカマタレントは今現在

テレビで見ない日はないくらいです。

マツコ・デラックスさん

IKKOさんミッツマングローブさん

それだけ受け入れられる土壌が

出来ているとも受け取れます。

1970年代、新宿二丁目が

繁栄していく中で相対して反社会的な立場として

偏見をもたれることも少なくなかったといいます。

そんな中でテレビ出演を果たし

オカマタレントの先駆けとして

活躍されていたKINYAさんに

勇気づけられた人も多かったでしょう。

今は都内の1人暮らしで

決して楽ではない生活を送っているそうですが

KINYAさんの元気な姿を見てみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする