米倉久邦(日大広報)のwikiとは?前職は共同通信?炎上会見の司会抜擢の理由は?

こんにちは。

ケチロ~です。

昨日の日大アメフト部の監督と

コーチによる会見は衝撃でしたね。

これはもう四面楚歌ですよ…。

しかしさすが日本大学。

更に燃料を投入した人物が

この会見で現れました。

「米倉久邦(よねくらひさくに)」

記者の質問に対して失言を

繰り返した本会見の司会者です。

気になるその実態を調べました。

今までどんな経験をしてあんな態度を

産み出してしまったのか気になりませんか?

スポンサードリンク

米倉久邦(日大広報)のwikiは?

まずは本人のプロフィールから。

*****************************

名前:米倉久邦(よねくらひさくに)

年齢:75歳

出身:東京

出身大学:早稲田大学

肩書:日大広報部職員(再雇用)

*****************************

名前が明らかになりました。

しかしこの名前を手に入れるのにも

一悶着あったようです。

とうのも、さすがにあれだけの失言を

した後、問い合わせが殺到したようです。

「あの司会者は一体誰だ?!」

「何故司会なのに身分も明かさないんだ?」

こんな意見が殺到するのも

よくわかりますよね。

しかし日大側は身分の照会を求められても

最初一切答えなかったようです。

そして、記者団も食い下がっていると

紙に名前を記したものが1枚。

「広報部 米倉」

とだけ書かれていたようです。

すさまじい対応ですね。

日大はわざとやってるのでしょうか?

為すことなすこと燃料投下してます。

結局最後は日大側が折れて

フルネームで身分を照会しましたが

なんともお粗末な結果です。

次の項では噂される前職のことを

お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

米倉久邦(日大広報)の前職は共同通信?

米倉久邦と調べると「共同通信」

検索候補に出てきます。

これはまさしく米倉久邦氏の

前職だったようです。

1968年に新卒で入社されています。

共同通信時代には

・ワシントン特派員

・経済部長

・ニュースセンター長

・論説委員長

など様々経験されていたようです。

年齢を考えるとワシントンに

派遣されたのは期待される

社員だったのでしょう。

ベテラン記者として活躍されてた

米倉久邦氏を日大は再雇用したようです。

今は日大の広報部として活動を

続けておりますが、これはさすがに

解任の方向で考えるのではないでしょうか。

さすがにイメージが悪すぎます。

日大のイメージは、、落ちます!!(笑)

スポンサードリンク

米倉久邦(日大広報)の炎上会見の司会抜擢の理由は?

そもそも米倉久邦氏はなぜ

司会に決まったのでしょうか?

…少し調べましたが抜擢の

理由は見当たりませんでした。

これはあくまで私の推察ですが

監督とコーチの会見に対し

厳しい質問が予想されたので

年齢が高く威圧感のある

米倉久邦氏の威光を借りようと

したのではないでしょうか?

結果は裏目でしたけどね。

しかしこれは実は予想できた

ことでもあったようなのです。

というのも米倉久邦氏

以前にも失言問題で注目が

集まった人物だったのです。

この記事で注目するべきことは

「どんな活動をしているのか報告義務はないし、大学として関知していない」

という発言。この記事の内容を

簡単に要約すると日大の名誉教授が

反社会組織から裏金を貰っていた

という内容です。それに対して

法学部長は「誠に遺憾である」

と大学として反省の意を示している

にも拘わらず米倉久邦氏は上記の発言…。

日大の関係者も米倉久邦氏の過去の

出来事を忘れたわけではないと思います。

しかし司会の起用に踏み切った。

そして当事者である監督とコーチの

会見。自分で自分の首を絞めてます。

ここまで来て逃げて終わりでは

誰も納得しないでしょう。

何かしらの思い制裁が下るのは

間違いないですが学生が被害を

被らないことを祈るばかりです、

今となってはもう手遅れだと思いますが…。

スポンサードリンク

米倉久邦(日大広報)に関するマトメ

対照的に株を上げた宮川選手の

弁護を努めた西畠正さんの記事はコチラ。

西畠正(弁護士)が凄腕!気になるプロフィール!

宮川選手の会見で批判が集まったのは

記者団の質問でした。関連記事はコチラ。

アメフト会見の記者質問の批判とは?どんな内容?弁護士ストップ?宮川泰介の対応は?

<米倉久邦(日大広報)のwikiは…>

*****************************

名前:米倉久邦(よねくらひさくに)

年齢:75歳

出身:東京

出身大学:早稲田大学

肩書:日大広報部職員(再雇用)

*****************************

<米倉久邦(日大広報)の前職は…>

共同通信社に1968年に

新卒で入社されています。

ワシントンに派遣されるなど

期待の社員だったようです。

<米倉久邦(日大広報)の司会抜擢の理由は…>

現時点ではわかっていません。

個人的な見解としては米倉氏の

威光を借りたかったのではないかと

考えています。しかし過去にも

失言問題を行っていました…。

※詳しくは上の内容をご確認ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする