河井美咲の自宅や事務所は日本?海外?年収はどれくらい?両親の経歴は?【情熱大陸】

こんにちは。

ケチロ~です。

2018年10月28日の情熱大陸には

へたうま(?)で有名な芸術家の

河井美咲さんが出演されます。

番組内で紹介される作品達が今から

どんな下手さなのか楽しみですが(笑)、

気になる項目を調べて見ました。

どこに自宅や事務所があって、

一体どれくらい稼いでいるのか?

どんな教育や環境で育ってきたのか

下の目次から飛べますよ~!どうぞ。

スポンサードリンク

河井美咲の自宅や事務所は日本?海外?

河井美咲さんは1978年生まれの

今年40歳を迎える芸術家です。

産まれは香川県ですが

大阪府育ちで京都芸術短期大学卒業。

現在の拠点となるのが

日本⇒京都、海外⇒ニューヨーク

とのことです。専門学校を卒業した

京都を拠点としているのはやはり

思い入れがありそうです。まだ1歳に

なっていない子供がいるのですが

京都で産まれたようです。

ちなみに名前は歩虹(ぽこ)ちゃん。↓

夫はジャスティンさん。

アメリカ国籍で2009年に結婚し

今では河井美咲さんのマネジメントも

担当しているようです。子供は

旦那さんの血が強いですがべらぼうに

可愛いですね(笑)日本と海外の行き来しながら

作品作りに取り組めているのも

旦那さんのサポートあってこそでしょう。

スポンサードリンク

河井美咲の年収はどれくらいの金額?

さて、河井美咲さんは雑貨で有名な

”フライングタイガー”や

家具を中心に取り扱う”IKEA”と

コラボした商品も制作しています。

名だたる大企業とのコラボ…

これも2002年に発表した”TreeHouse”

立体作品の人形が飛躍のきっかけでした。

ニューヨークタイムズで取り上げられ

大絶賛を受けたことで翌年には

ニューヨークで個展を開くほど。

P.S.1現代美術館(P.S.1MoMA)という

展示施設での開催だったのですが

ここは一般的な美術館のように保管を

するのではなく、実験的に作品を

展示する催しを年に数十回行う施設

らしいのです。しかし、1960年代から

施設はあり、展示されること自体が

名誉な場所らしいのです。

ニューヨークを中心に活動している

河井美咲さんの足掛かりとなった

イベントですが、この後から各地の

ギャラリーや美術館からオファーが殺到。

今の基盤を手に入れたようです。

スポンサードリンク

ようやく年収の推察に入るわけですが

・作品の販売

・個展の開催

・コラボ企業との版権利益

思いつくだけでも3つは上げられます。

作品の値段などはわかっていないのですが

冊子型の作品集(フォトブックのようなもの)

は約7,000円でした。しかしニューヨーク

では作品が多く売れているのでしょう。

日本と比べて美術品に対する評価は

高く、芸術家の年収も名のある方で

3,000万~5,000万と言われています。

おそらく日本でも活動していることを

考えると1,500万~2,000万くらいでは

ないかと予想しています。

スポンサードリンク

河井美咲の両親の経歴や過去は?

さて、へたうまの芸術家となった

河井美咲さんのご両親はどんな方

だったのでしょうか?気になりますよね。

母親は舞台美術や人形激の活動を

しており、人形をたくさん作って

もらった幼少期だったようです。

そして父親は建築関係のエンジニアで

かつアマチュアの画家だったようです。

絵や創作に興味を持つことは

家庭環境からして自然のことだったのですね。

河井美咲さんの原点がそこにありました。

2018年10月28日放送の情熱大陸で

過去のことも紹介されそうですね。

スポンサードリンク

情熱大陸出演の河井美咲のマトメ

■河井美咲の自宅や事務所は日本?海外?

日本⇒京都、海外⇒ニューヨーク

しかし、1年の半分は海外での旅暮らし

とのことなので家が寂れないか

勝手に心配しています(笑)

■河井美咲の年収はどれくらい?

・作品の販売

・個展の開催

・コラボ企業との版権利益

などから考えると

1,500万~2,000万くらいでは

ないかと予想しています。

■河井美咲の両親の経歴や過去は?

【母親】

舞台美術や人形激の活動を

しており、人形をたくさん作って

もらった幼少期だったようです。

【父親】

建築関係のエンジニアで

かつアマチュアの画家だったようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする