吉田愛(サポーズデザインオフィス)のメニューのこだわりはスタッフのため?一般利用できる?

こんにちは。

ケチロ~です。

セブンルールが今回取り上げるのは

注目度沸騰中の建築家になります。

サポーズデザインオフィスに所属の

”吉田愛”さんにフォーカスを当てています。

・「ONOMICHI U2」(広島:尾道)

・「Hotel coe tokyo」(東京:渋谷)

名前を聞いたことある方も多いのでは

ないでしょうか?今や引っ張りだこの

建築家の吉田さんですがオフィスにも

強いこだわりが詰まっているようです。

社員食堂を運営する設計事務所?!

少しその様子を調べてみました。

スポンサードリンク

オフィスの中の食堂、その名も”社食堂”!

サポーズデザインオフィスは

元夫である谷尻誠さんと共同代表として

社員30名強を抱える設計事務所です。

上記の設計業務など設計の依頼は耐えることはなく

数々の賞を受賞されています。

そんな谷尻さんと吉田さんですが

食に関するこだわりがオフィスに

現れています。

※東京オフィスは代々木上原に構えています。

設計事務所としては異例の

オフィス内に″社食堂″という名の

飲食店を運営しています。

・スタッフと一緒にご飯を食べたい

・乱れた食生活を改善したい

こんな思いから社食堂を始めたようです。

食べ物が細胞を作る、身体が資本。

ということを大事にされており

忙しく労働時間が長く休みが取りづらい

設計事務所という仕事だからこそ

社員のためにという点は泣けます。笑

家族のようにスタッフを大事に

されており吉田さんと谷尻さんの

思いが詰まったオフィスと食堂なのです。

スポンサードリンク

気になるメニューは?一般利用できる社食堂!

経緯が分かった社食堂ですが

社員だけではなく一般の方も

利用できるのがびっくりです。

社内外の打ち合わせも行っているため

時間によっては落ち着けない時も

あるようですが、こだわり抜いた定食が

食べられるお店として地元では

大変人気があるようです。

気になるメニューですが

一番人気は″日替わり定食″!

肉か魚を選べるようになっており

ご飯・味噌汁・小鉢も付いて来て

お値段は1100円とのことです。

それ以外ですとキーマカレーの″サポーズカレー″(950円)や

″薬味たっぷり海鮮丼″(1000円)

″とろっとろの親子丼″(950円)

などがレパートリーとしてあります。

もちろん飲食店ですので

専属のスタッフが常駐しており

体のためを思った素材・味付けが

好評とのことです。

オフィスが吹き抜けで丸見えに

なっており仕事風景見れます。笑

また本棚にある書籍はほぼ閲覧が可能なようです。

専門的な本や専門誌、

ランチ/ディナータイム以外は

本を読んでのんびり過ごしてる方も多いようですよ。

最後にケチロ~より。

吉田さん、谷尻さんが手掛ける

設計にはインパクトがあり

使いやすさも考えています。

こだわりが詰まった設計同様に

食にもこだわっています。

社員の食生活をデザインする

との発言が残ってますが、

仕事と私生活は繋がっているのだとつくづく思います。

仕事ではなく私事として捉える

文化のサポーズデザインオフィスの

今後の活躍を期待ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする