akane(セブンルール)のスパルタの指導は高校の影響?家族や大学は?

こんにちは。

ケチロ~です。

バブリーダンスは2017年を

盛り上げてくれましたね。

投稿者のアカネキカクさんが

見事2017年度のYoutube

トレンド部門1位を獲得されました。

そうこの人物こそ”登美丘高校”の

コーチとして有名な”akane(あかね)”さん

4月3日のセブンルールに出演されます。

度々テレビにも出演されていますが

akaneさんの過去を調べて見ました。

スポンサードリンク

スパルタと言われる指導は自身の高校時代が影響?

本名: 宮崎朱音

年齢: 1992年8月13日 25歳

あの貫禄ですが思った以上に若いです。

出身: 大阪府岸和田市

スラムダンク情報ですが口が悪い地域とのこと(^^;)

職業: 振付師、ダンサー

学歴: 登美丘高校⇒日本女子体育大学

彼女自身が登美丘高校のOGです。

akaneさんは3歳からダンススクールに

通っていたダンス大好き少女。

彼女を一度でも見たあなたは

こんな感想を抱いたのではないですか?

・怖い。口が悪い。

・スパルタな指導だな。

・情に厚そうだし人望ありそう。

ダンスに対しては本当に真剣で

愛情が伝わってきます。僕にすら。

その指導はスパルタ式で超ハードに

映りますが全員がakaneさんに

ついていってるのですから凄いの一言。

ダンス界の甲子園である”ダンススタジアム”

で2年連続で優勝をしたことで

登美丘高校を一躍有名にしたのですから

ついていきたくなりますよね。

akaneさんは夢という言葉を

大事にしているので、生徒も

先生に夢を見ているのでしょう。

更に昨年は紅白にまで出場し

無名だった高校が夢舞台に

立った奇跡のようなストーリーですよね。

ダンス部に対して指導に熱が入るのも

自身が現役の時には登美丘高校には

ダンス部がなく同好会からakaneさんが

部にしてもらうためにお願いしたそうです。

同好会ですから大会には出れないですし

指導者もいなかったと思います。

今は部員数も90名近く在籍しており

今後も増えていくのは間違いないと思います。

同好会だった自分の高校時代の状況から

指導者として母校に戻ってきて部員も多い

現状を見たら指導に熱が入ってもおかしくないですよね。

akaneさんが現役との時は8人だったようですよ。

部員の40名を選抜メンバーとして

akaneさんが直接指導をするそうです。

部内の戦いも激しいものがありそうです。

同好会を設立した時に

校則を守ることも条件だったようですが

akaneさんはあまり守らなかったようです。

それを後悔しており今では

普段の生活や礼儀・礼節を含めて

教育されているようです。

学校内での格好などを見ると

カラフルでコーチが一番派手ですが。笑

スポンサードリンク

大学や家族など気になる私生活は?

大学は上記の通り日本女子体育大学です。

舞踊学科を専攻していたようです。

大学は東京ですが、帰省するタイミングで

登美丘高校に指導にいっていたようです。

高校3年間でどれだけ後輩に

慕われていたんですかね。人望厚めです。

大学2年の時に、登美丘高校から

作品を作ってくれと依頼があったようで

更に関係は深まります。そして

当時2個下の後輩から”コーチしてください”

と強い要望がありコーチを引きうけたそうです。

そして翌年に全国大会で4位。

その翌年にはなんと初の全国優勝。

恐るべき速さで登美丘高校を

ダンスの強豪校にした手腕は見事です。

ダンスの振り付けから編集まで全てを

行うakaneさん。撮影も自分でやるのですが

昔生徒からプレゼントされたセグウェイを

器用に乗りこなしながらに撮影されてる

姿にプロの姿をみました。

今はCMや出演の依頼も増えていて

忙しすぎる毎日を送っているようです。

部活も基本はオフなどなく

akaneさんももちろんオフありません。

彼氏の噂も出てきませんでした。

今はダンスに集中する時期のようです。

最後にケチロ~より。

一見、口も悪いし厳しいですが

人が付いていく人物って

愛情があるからこその行動なんですよね。

高校の3年間は限られている。

だからYoutubeなどにダンスを

アップし形として残しているそう。

生徒のためを思っての事です。

将来、自分の頑張った軌跡が

残り続け更に語り継がれるのは

嬉しいですよね。

今年はダンススタジアムでは

準優勝となり悔しいはずです。

バブリーダンスのイメージも強いので

そこからの脱却を含め今はダンスの

捜索に取り組んでいるようです。

さらに進化する姿に要注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする