瀬尾まなほ(セブンルール)の性格が気になる!秘書になった経緯や給料は?

こんにちは。

ケチロ~です。

3月12日のセブンルールには

美人秘書が出演されます。

その方は御年95歳の瀬戸内寂聴さんの

秘書である瀬尾まなほさんです。

瀬戸内寂聴さんに秘書がいたことに

まずびっくりしてます。笑

年の差65歳ながら非常に仲良しな

お二人の関係性気になります。

少し調べてみましたのでお付き合い下さい。

スポンサードリンク

瀬尾まなほの気になる性格とは?

まず瀬尾まなほさんは

今年30歳となる美人秘書さんですが

瀬戸内寂聴さんの側で

7年ほど働かれており普段の様子を

本に収めた″おちゃめに100歳!寂聴さん″

15万部売れたことで話題となりました。

大学卒業後すぐに瀬戸内寂聴さんの

側で働いていたということですが

寂聴さんの本を一冊も読んだことが

ないことが採用のポイントとなったようです。笑

このエピソードからでも瀬尾さんの

大胆不敵な様子が伺えますよね。

実際、寂聴さんだからと恐縮しっぱなしではなく

今ではタメ語で話されるほどの関係性です。

寂聴さんが「まなほのおかげで晩年を楽しく過ごせている」

いうほど明るく気遣いができる女性のようです。

寂聴さん自身は過去の男性遍歴が凄く

世間から懐疑的な目で見られることもしばしば。

100歳まで恋をしてると思うと

インタビューで答えるほど恋多き女性です。

そんな寂聴さんの側にいる瀬尾さんは

逆にサバサバしており本当にいいコンビだと思います。

寂聴さんの秘書を務めることは

遺産狙いであると書き込まれることもあり

心を痛めるのこともあるようですが

打算で7年も側に居続けられるでしょうか?

もし打算であるのならば

私の見る目がなかったということで。笑

出版された書籍も寂聴さんとの

日々の出来事を回顧している内容であり

逆にイイ子だと思ってます。(上から目線😅)

スポンサードリンク

秘書になった経緯とは?給料はどれくらい?

そもそも秘書を目指したわけではなく

瀬尾さんがバイトしていた祇園の

お茶屋さんのおかみさんが寂聴さんから

″誰か若い子いない?″と相談されていたことで

瀬尾さんの紹介に繋がったようです。

その時大学4年生でまだ就職が

決まってなかった瀬尾さんでしたが

面接を受けてその場で合格が出たので

トントン拍子で働き先が見つかったのです。

まさに奇跡的な巡り合いです。

給料は全く公開されていませんが

2013年にスタッフが4名一斉に退職された

大きな出来事があり懐事情は

少し余裕があるのかもしれません。

もちろん給料を上げるための作戦ではないようです。笑

寂聴さんは本当に瀬尾さんを信頼しており

お金で繋がってる関係ではないです。(断言)

印税もあるので瀬尾さんも金銭的に

余裕があるのではないかと思います。

※印税は一般的に売上の8~10%と

言われており″おちゃめに100歳!寂聴さん″は

定価1,300円(税別)のため15万部とすると

1,300円×15万×0.1%とするとその金額は

それだけで1,950万円となります。

想像以上の金額でした。笑

スポンサードリンク

最後にケチロ~より。

思わず印税なんてせこせこ計算してしまい

ましたがあなたも気になりますよね?笑

この書籍を出したことでそれも売名と

言われ、秘書やってることで遺産狙いと

言われ瀬尾さんも心的な苦労がのしかかってます。

ただでさえ寂聴さんのスケジュールの手配や

食事の準備やマッサージ、いわゆる介護的な

仕事もされており今では側近は

瀬尾さん1人ですから大変です。

寂聴さん超肉食で晩酌もするそうなので

想像よりハードな仕事ということは

伝わると思います。(私は感じました。)

瀬尾さんと寂聴さんの仲の良さは

画面越しでも伝わります。

批判や中傷に屈せず頑張ってほしいです!

【過去のセブンルールバックナンバー】

・1月23日放送 按田優子(料理家)

コスパ良しのビブグルマン受賞の按田餃子!

・1月30日放送 新井見枝香(書店員)

自分の名前が賞になった?!超有名書店員の新井見枝香!

・2月13日放送の佐野美恵子(ショコラティエ)

3代目を自力で勝ち取った博多のショコラティエ!

・2月20日放送の坪井真理子(ハンバーガー屋オーナー)

365日全力のマッシュルームバーガー店長!

・2月27日放送の三澤彩奈(ワイナリー)

ワインに捧げ結実したの日本No.1ワイン醸造家

・3月6日放送の吉田愛(建築家)

話題沸騰中の建築家はスタッフと食へのこだわりも凄い!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする