武田純代の経歴は?ドンファンの家政婦はいつから?容疑者として事件の関与は?

こんにちは。

ケチロ~です。

紀州のドンファンこと野崎幸助さんが

突然なくなった事で慌しくなってます。

急性循環不全とのことですが

妻の元モデルのSさんや、家政婦が

容疑者として名前があがってます。

これはまさかの展開ですね。

その家政婦のことを調べてみました。

名前は武田純代さんといいます。

下の目次から気になる所覗いて下さい。

スポンサードリンク

武田純代(家政婦)の経歴とは?

本人のプロフィールを紹介します。

*****************************

名前:武田純代(たけだすみよ)

年齢:66歳

住所:東京都港区六本木

職業:秘書兼家政婦

******************************

今は野崎幸助さんの秘書として働かれて

ますが、出会いはなんとホステスとお客。

今の妻もデートクラブ(交際クラブ)で

出会ったようなので本当にスケベじじい

だったんですね。デートクラブの記事は↓

そして今回の報道で自宅マンションが

捜索の対象となったのですが

名前が明かされています。

「シャンブル六本木」というマンション。

六本木駅から徒歩5分という立地に

住めるということは結構裕福な

人生を歩んでいそうです。いや、逆に

66歳までホステスやっていたから

生活が苦しかったのかもしれません。

スポンサードリンク

武田純代(家政婦)のドンファンの家政婦はいつから担当?

武田純代(家政婦)さんは紀州のドンファン

こと野崎幸助さんの家政婦としては

亡くなる8ヶ月前から働かれたようです。

ご飯を作ってくれる人がいないので

秘書兼家政婦として傍に置いてたようです。

自宅から紀州のドンファン宅のある

和歌山まで月10日程度通っていたようです。

もし今回の事の真相が明るみになった

時に出会いから計画されていたらと

思うと怖いですね。実際、武田純代さんは

どのように事件に関わっていたのでしょうか?

武田純代(家政婦)の容疑者として事件の関与は?(6/5)

紀州のドンファンこと野崎幸助さんが

亡くなったのは5月24日のこと。

最初に発見したのが妻のSさん。

次の発見者が武田純代さんとなります。

そして、重要参考人として

6月3日に家宅捜索を受けています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

5月24日の当日の流れ

・お昼(12時頃)

野崎幸助さん(ドンファン)、Sさん(妻)、武田純代さん(家政婦)の3人で昼食を食べる。

・16時頃

武田純代さんは東京に戻るため野崎幸助さんの家を後にしたようです。

・17時頃

2階に野崎幸助さんがあがり、1階にSさん(妻)がいたようです。

・19時頃

武田純代さんが和歌山の野崎幸助さん宅に戻る

2階から「ドンドン」という物音が聞こえるも2人は上にはあがらず。

・22時ごろ

寝るために寝室のある2階に上がったSさんが亡くなった野崎幸助さんを発見。

続いて武田純代さんも発見。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

17時頃から一人きりとなっていた

野崎幸助さん。家政婦である武田純代さん

が和歌山のドンファン宅に戻られた際に

在宅かを確認しなかったのには何か

わけでもあるのでしょうか?

まだ事件は解明されていませんが

どのような結末を迎えるか。

果たして解明されるのか。事件の

今後の展望が非常に気になります。

スポンサードリンク

武田純代(家政婦)に関するマトメ

紀州のドンファンこと野崎幸助さん

が妻と出会ったと言われる

デートクラブ(交際クラブ)の記事↓

<武田純代(家政婦)の経歴とは…>

*****************************

名前:武田純代(たけだすみよ)

年齢:66歳

住所:東京都港区六本木

職業:秘書兼家政婦

******************************

今は野崎幸助さんの秘書として働かれて

ますが、出会いはなんとホステスとお客。

<武田純代(家政婦)のドンファンの家政婦は…>

武田純代(家政婦)さんは紀州のドンファン

こと野崎幸助さんの家政婦としては

亡くなる8ヶ月前から働かれたようです。

東京の自宅から和歌山まで月に10日ほど

通われていたようです。

<武田純代(家政婦)の容疑者として事件の関与は…>

紀州のドンファンこと野崎幸助さんが

亡くなったのは5月24日のこと。

最初に発見したのが妻のSさん。

次の発見者が武田純代さんとなります。

そして、重要参考人として

6月3日に家宅捜索を受けています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする