UberEats(ウーバーイーツ)の花見で利用は?サービスや提携店の将来性は?

こんにちは。

ケチロ~です。

あなたはウーバーを利用したことありますか?

話題になって久しいですが

ご存知の通り配車サービスとなります。

一般人の運転手が有料で乗車させる

ライドシェアサービスとして海外では

定着しています。

※先日痛ましい事故が起きましたが…。

日本ではタクシー業界からの抵抗も

あり自由な運用は定着していません。

そんなウーバーが出前・配達サービスとして

ウーバーイーツを新事業として展開しているのは

あなたはご存知でしたか?私は知らなかった…。

サービスの概要と将来性についての見解を

素人ながらに考えてみました。

スポンサードリンク

ウーバーイーツとは?どんなサービスなの?

2016年の9月からウーバーイーツ

サービスをスタートしています。

最初は東京からスタートして

スマホのアプリから提携レストランの料理を

注文しウーバーイーツに登録した

配達員がデリバリーをするというものです。

最初は自宅で頼むよりはオフィスの中で

席を離れらない人が頼むという

流れが一般的だったようです。

従業員が配達を行うわけではないので

店舗での工数がかからず人員が

不足するという事態が避けられますね。

そして店舗に行かなければ食べらなかった

あの料理も食べることができるように

なるということで最初は注文も多かった

ようです。配達可能な範囲は現在は

都内の山手線沿線は網羅しています。

横浜もエリア追加の情報もあります。

利用可能時間11時~23時までとなっています。

配達料は一律で380円となっています。

近くの配達員が配達するので距離換算ではなく

一律での設定が可能なんですね。

指定の住所まで配達をお願いできるため

花見のシーズン、利用する人も

多いと思います。宅配ピザの配達員が困ってるの

見たことあるので注文しないですけど(^^;)

ウーバーイーツの加盟飲食店も

配達員も順調に増えており

今後もサービス拡大となりそうです。

※提携店都内で200~300店舗

※配達員は公開されてませんが求人は多いです。

スポンサードリンク

ウーバーイーツの将来性とは?

ウーバーは乗客と運転手が共に評価し

口コミとしてデータが残っていきます。

そのため人気の人(接客や運転、料金など)

には注文が殺到するシステムになっています。

良くも悪くもお互いがお互いを監視

しているような状況です。

ただ昨今、実体験の口コミは強い影響力を

持っており正当に評価されている

そんな時代になっています。

ウーバーイーツももちろん評価システム

が存在します。マクドナルドを食べたい時

などに配達を依頼をかけるわけですが

これが”自宅の料理を配達”となる可能性が

あると思っています。

あなたのお母さんも料理上手なように

お店で料理を振る舞わずとも

美味しい料理を作れる方は多いと思います。

わけあって料理の現場から退いている

人などもいると思います。

個人のキッチンが料理店に変わる

自宅の料理を配達できるシステムとなれば

誰もがシェフとなれますし店舗の費用も

必要なくなるのです。

お店だから安心という気持ちは私も

沸きますが将来的には店舗が必要

なくなる可能性すらあると思っています。

もちろん食べるためだけにレストランなどを

利用するわけではなく、特別感の演出

人と集まる場として存在意義は

大いにあると思います。

しかし自宅料理の配達が浸透して

ここも口コミによる評価がつくため

適当な品が作れないという安心感

あるためどこでも美味しいものが

食べられるような時代となるかも

しれません。誰しもが料理店経営の

オーナーとなれるのです。

最後にケチロ~より。

大手企業や公務員ですらが

副業OKとなっている今の時代。

料理というスキルを持った方が

ウーバーイーツを利用して

活躍する場が増えるかもしれません。

あなたもお店を調べる時に

食べログなどの評点を気にしながら

チョイスしていると思います。

私はがっつり信用しています。笑

これからはお店だけではなく

個人のお宅が選択肢に増えるかも

しれないのです。きっと食べログならぬ

ウバログなどもできるかもしれません。笑

この時代の流れに乗るのはどんな仕組みで

どんな活用をしていくのかで個人で

稼げる方法や金額も変わっていきます。

ウーバーイーツ、私はもちろん頼む側

ですが(笑)、その動向に注目です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする